あだち麗三郎と美味しい水

シンガソングライター、音楽プロデューサー、サックス、ドラム、ミキシングエンジニア、身体研究家。

1983年1月生まれ。早稲田大学第1文学部卒業。
アメリカのアトランタで9歳から15歳まで亡くなった彼は、高校は、日本の男の子と一緒に寮に住んでいます。
ドラムとサクソフォンを担当する大学からの生活活動を開始。
風が吹いているようなオープンな感覚のために
片想い、cero、鈴木慶一、HeiTanaka、百々和宏、前野健太、寺尾紗穂、坂口恭平、GUIROなど
彼はマルチプレイヤープレーヤーとして働き、Fujirockfes ’12で4ステージとしてサポートに出演しました。

メインは歌のソングライターです。

ユニークな世界観、宇宙のノスタルジーでいっぱいのロマンチックな歌を歌います。
2013年のカクバリズムから7 “シングル”ベルリンブルー “
2015年までに3枚のソロアルバムをリリースしました。
Alexander Techniqueと並行して、唯一のミュージシャンになるために、
彼は古い武道のような身体の仕事を学び続け、2012年頃から “身体ワークショップ♪”を教えてきました。